[月刊旅色]2021年11月號
COVER
モデル / 米倉涼子
撮影 / 中村和孝
スタイリング / 野村昌司
ヘアメイク / 奧原清一

旅好きが考える行程はひと味違う あの人の旅プラン

手作りプラン掲載數No.1の「みんなの旅プラン」とのコラボ連載。
後編は、あふれる”縄文愛”をもつ井浦さんが、
世界文化遺産に指定された北海道?東北の
縄文遺跡群をたどる旅を教えてくれます。
今回も、かなりのマニアックぶり。
これを読めば、私たちの新たな知の扉が開きそうです!

井浦新
「みんなの旅プラン」とは?
今回のプランナーは...

俳優  井浦新さん

  • 前編 「旅について語る」
  • 後編 「プランをつくる」

東北~北海道を巡る縄文旅は
フィールドを使った天體ショー

俳優 井浦新さん

「行けるものならいつでも行きたい」と思っている、世界遺産に指定された北海道?東北の縄文遺跡群をたどる旅をおすすめします。厳選しましたがどこも外せず、1泊2日で1道2県を巡る行程になってしまいました…!

この旅プランでは、「合掌土偶」と「中空(ちゅうくう)土偶」という2つの國寶が見られます。特に「合掌土偶」は、膝を抱えながら、手を組んでいる姿が本當に愛らしい。それに、腕や足が細いため、折れずに完全な狀態で出土しているというのも珍しいんです。あと、「伊勢堂岱(いせどうたい)遺跡」で見られる手乗りサイズの「笑う巖偶」がすごく好きで、めちゃくちゃかわいいんですよ。これは巖製なので、鹿の角とかクジラの骨とかを研いで削り出していて。「一個作るのにどれだけ時間がかかってるんだ…!」ってことも、想像します。

博物館に行くとオモロイのは、土偶や巖偶の造形美の楽しさもあるんですけど、それを作ったであろう道具も見られるから、感動が増していくんですよね。さらに、“あそこにある大きな川が氾濫するから、丘に集落があるんだな”とか、“あっちに見える大きな山が信仰の対象になる山か”といったように、遺跡周辺の地形から縄文人たちの暮らしぶりが想像できるんです。「大湯環狀列石(おおゆかんじょうれっせき)」では、ストーンサークルから登ってくる太陽の位置で季節を計っていたという説もあって。これらすべてが縄文人にとっては自然の中で生きるための知恵だったと思いますが、私たち現代人にとっては、“フィールドを使った天體ショー”。大地や自然といったフィールドで、視覚や全身を使って遊べる旅を體感してほしいですね。

天體ショーを感じる2大スポット

「伊勢堂岱遺跡」

SPOT1「伊勢堂岱遺跡」

縄文時代後期前葉の環狀列石をメインにした遺跡。4つの環狀列石が発見されているのは國內ではここだけ。また、環狀列石がある段丘端部からは、白神山地などの美しい景色が見られる。遺跡に隣接する「伊勢堂岱縄文館」では、土偶やキノコ形土製品をはじめ、縄文人が祭祀、儀禮に使っていた道具など、周辺で出土した展示物が見られる。

【住所】秋田県北秋田市脇神字小ケ田中田 100-1
【TEL】0186-84-8710
【営業時間】9:00~17:00 ※遺跡は11月~4月下旬まで冬季閉鎖
【定休日】月曜日(祝?休日の場合は翌日)

井浦さん’s memo
俳優 井浦新さん

★ 板狀土偶は見逃せません! 土偶は立體的なものが多いのですが、ここの土偶は、ものすごく薄い板狀になっているので、一見の価値があります

★ 遺跡を散策できる野外博物館にもなっているので、ミュージアムの展示品と合わせて見學すると、この地域の縄文文化や生活などが感じられますよ

「大湯環狀列石」

SPOT2「大湯環狀列石」

大湯川の沿岸、標高約180mの臺地にある、約4000~3500年前の遺跡。最大徑44mの野中堂環狀列石と、最大徑52mの萬座環狀列石の2つの環狀列石があり、荘厳な雰囲気が感じられる。ガイダンス施設の「大湯ストーンサークル館」が併設しており、遺跡についてのパネルや、ここで発見された遺物など展示されている。

【住所】秋田県鹿角市十和田大湯字萬座45
【TEL】0186-37-3822
【営業時間】〈4月~9月〉9:00?17:30〈10月〉9:00?16:30 ※公開範囲を制限、〈11月〉9:00~16:00 ※11月中旬~4月中旬は冬季閉鎖

井浦新さん’s memo
俳優 井浦新さん

★ ストーンサークルだけでなく、復元された掘立柱建物(ほったてばしらたてもの)跡や日時計狀組石なども見られるので、本當に縄文人の集落があったということや當時の暮らしを感じることができます

★ ここにも、素敵な土偶がたくさん展示されています。そのなかでも、小さくてかわいらしい板狀土偶には、ぜひ會ってほしいです

撮影/山下陽子、取材?文/小松孝裕(エンターバンク)、ヘアメイク/NEMOTO(HITOME)、スタイリスト/上野健太郎(KEN OFFICE)

Information
©2020 映畫「かそけきサンカヨウ」製作委員會

『かそけきサンカヨウ』

2021年10月15日(金)、テアトル新宿ほか全國公開

※東京、大阪など19都道府県への緊急事態宣言の発出により、映畫館の時短営業や休館などが発表されています。詳細は映畫館の公式サイトにてご確認ください。

窪美澄の短編集『水やりはいつも深夜だけど』に収録されている一編を『アイネクライネナハトムジーク』などで知られる今泉力哉監督が映畫化。母が家を出て以來、父の直(井浦新)と二人で暮らしていた女子高校生の陽(志田彩良)。しかし、父の再婚によりこれまでの日常が一変。陽が家族について葛藤しながら、成長していく姿を描く。

監督:今泉力哉
出演:志田彩良、井浦新、鈴鹿央士、中井友望、鎌田らい樹、遠藤雄斗、菊池亜希子、西田尚美、石田ひかりほか
配給:イオンエンターテイメント
https://kasokeki-movie.com/

Profile
俳優 井浦新さん
井浦新Arata Iura

1974年9月15日生まれ、東京都出身。1999年公開の映畫『ワンダフルライフ』で主演を務め、俳優としても活動スタート。以降、さまざまなドラマや映畫などに出演。一方で、アパレルブランド『ELNEST CREATIVE ACTIVITY』のディレクターを務めるなど、幅広い分野で活躍中。自身ゆかりの山形県金山町を撮り下ろした寫真集「町と祭 -山形?金山- 井浦新寫真紀行」が発売中。

草莓榴莲向日葵18岁注意免费-草莓榴莲向日葵免费资源在线观看
朝阳县| 崇阳县| 五台县| 宣城市| 多伦县| 调兵山市| 江门市| 区。| 塔河县| 卫辉市| 湟中县| 额济纳旗| 平阳县| 静安区| 南阳市| 儋州市| 东乡县| 河东区| 合阳县| 五莲县| 临西县| 渭源县| 平乐县| 同江市|