[月刊旅色]2021年11月號
COVER
モデル / 米倉涼子
撮影 / 中村和孝
スタイリング / 野村昌司
ヘアメイク / 奧原清一
1泊2日のRefresh Trip
米倉涼子 in 札幌[北海道]
旅は、だれかの日常に少しおじゃますること。そこで暮らす人々の息遣いを感じて自分の日々を見つめ直すと“いつも”がもっと特別になる――

米倉涼子さんがナビゲート 晩秋の札幌で心を満たす大人旅 1泊2日のRefresh Trip

北海道の中心地?札幌は、約200萬人が暮らす大都市でありながら、
都市機能と自然が調和した美しい街並みが魅力。
王道の観光スポットもいいけれど、
ときには地元の人に愛される場所を訪ねて、札幌の別の顔も見てみたい。
晩秋の札幌へ米倉涼子さんと出かけ、
歴史や自然、美味を満喫する少し大人な旅を楽しみました。

撮影/中村和孝 動畫編集/ロックハーツ 文/加藤和代

※新型コロナウィルスの影響により、施設の営業狀況が変更になっている場合があります。最新の公式情報をご確認ください。

  • 1st DAY
  • 2nd DAY

1st DAY

札幌の中心部にまっすぐ向かわず、
ランチや散策でちょっと寄り道、回り道。
軟石の産地ならではのスポットを巡ったら、
北海道を堪能するディナーへ出かけましょう。

1日目スケジュール
米倉涼子さんがナビゲート 晩秋の札幌で心を満たす大人旅
新千歳空港を出発

車 約25

車 約25

旬のお料理?釜めし いちえで北海道を味わう釜めしランチ

道産生うにや花咲ガニ、放牧豚バラ肉など、北海道の安心?安全な食材を使った釜めしが評判。出汁や火加減にもこだわり、注文を受けてからひと釜ずつ、生米から炊き上げています。提供までは30分ほどかかるので、本格中華など多彩な一品料理を味わいながら待つのがおすすめ。蓋を開けた瞬間に広がる出汁のいい香りと、ご飯が見えないほどたっぷり盛り付けられた具材が食欲をそそります。

旬のお料理?釜めし いちえ
住所/恵庭市柏木町3-3-2
電話/0123-33-4343
時間/平日11:00~15:00(LO14:00)、17:00~21:30(LO20:30)土日祝11:00~15:00(LO14:30)、17:00~22:00(LO21:00)
定休日/火曜日、第2?4月曜日

旬のお料理?釜めし いちえ
モダンな內裝の店內には、中庭を眺められる個室もあり、ゆったり食事できます
旬のお料理?釜めし いちえ
旬のお料理?釜めし いちえ
釜めしは、海の幸やお肉を使ったもの、シンプルな銀シャリまで約30種類。一番人気は「いちえ特製釜めし」2,050円

車 約45

車 約45

石山緑地
「こんなところがあるなんて知らなかった!」と興奮していました

石のアートと自然が融合した石山緑地で深呼吸

かつて建材として多く使われた札幌軟石(なんせき)。その採掘場跡地を利用した、緑あふれる公園です。細長い形をした広い園內は、市道を挾んで北と南に分かれ、特にアーティスティックな景観が広がる南ブロックは必見! 切り立った札幌軟石の巖肌を背景に、コロシアムのような石のイベント広場「ネガティブマウンド」や石のオブジェなど、ダイナミックなアート作品が點在しています。まるで異國のような空間に、感性が刺激されるはず。

石山緑地
住所/札幌市南區石山78-24
電話/011-578-3361(藻南公園管理事務所)

石山緑地
ローマ遺跡を思わせる広場「ネガティブマウンド」はSNS映え抜群!

徒歩 約5

札幌軟石一大産地のシンボルぽすとかんでお土産探し

昭和15(1940)年に札幌軟石で建てられた舊石山郵便局。建築當時のノスタルジックな姿を殘し、現在は雑貨の販売とカフェを中心としたスペースとして利用されています。雑貨店「軟石や」には軟石を使ったかわいい雑貨が並び、特に家の形のアロマストーンが人気だそう。アロマオイルを2、3滴たらせば、ふんわりいい香りが數日間楽しめるアイテムはお土産にぴったり。「ニシクルカフェ」は、お店で焼き上げる自家製酵母パンが評判です。

ぽすとかん
住所/札幌市南區石山2條3丁目1-26
電話/070-4087-2975
時間/軟石や10:00~18:00、ニシクルカフェ11:00~18:00
定休日/火?水曜日

ぽすとかん
お店を代表する人気商品、アロマストーン「かおるいえ」(大 1,430円、小 990円)
ぽすとかん
外観は建築當時のまま。軟石の素樸な風合いが素敵

車 約25

車 約25

モリエール
モリエール
特別に用意してくれた「まかないスープ」のおいしさに時が止まったかのように絶句!
モリエール
枝豆のフリット。モリエールのメニューは食材のみの記載で旬を堪能できます
モリエール
米倉さんが初めて食べたときに思わず感動の涙を流した、じゃがいものグラタン

農園直営のジェラテリア「モリエール」でひと休み

円山公園に面した閑靜な住宅街に、ひっそりと佇むフレンチの名店。ミシュラン三つ星、かつ北海道唯一の「ルレ?エ?シャトー」認定店でありながら、誰もが肩肘張らずおいしいひと時を過ごせるレストランです。ひと冬寢かせて糖度を高めた真狩産じゃがいも、とびきり新鮮なカスベ(エイヒレ)、枝のまま數週間熟成させた蝦夷鹿肉など、道産食材の持ち味を最大限に活かした料理は、驚きと感動の連続。數年來の交流がある米倉さんのため、中道オーナーシェフがサプライズで用意したメニューに「おいしい!」と笑顔がこぼれます。

モリエール
住所/札幌市中央區宮ヶ丘2-1-1 ラファイエット宮ヶ丘1F
電話/011-631-3155
時間/ランチ11:30~、ディナー17:30~
定休日/水曜日、月1回不定休あり

モリエール
ランチは4,600~12,400円、ディナーは9,900~16,000円(サービス料10%別途)

車 約10

車 約10

おいしくてフォトジェニック!夜パフェ専門店 ななかま堂でこだわりの夜パフェを満喫

お酒や食事の後、最後の締めに食べる札幌の新定番「シメパフェ」の人気店。飲んだ後でもさっぱりと食べられるよう甘さを控え、少し和のテイストを加えたパフェを、季節ごとに5~6種類ほど提供しています。生のフルーツを使ったソルベやジェラートなど、グラスを彩るパーツはすべてが手作り。1品でまるでデザートのコースを味わっているかのような満足感です。味だけでなく、季節感や物語性を感じさせるデザインもたまりません。

夜パフェ専門店 ななかま堂
住所/札幌市中央區南4西5 第4藤井ビル2F
電話/011-596-8607
時間/18:00~24:00(LO23:30)、金?土曜?祝前日18:00~翌2:00(LO翌1:30)
定休日/不定休

夜パフェ専門店 ななかま堂
夜パフェ専門店 ななかま堂
旬のフルーツを使い、メニューはすべて期間限定 ※寫真のパフェはすでに販売を終了している場合があります。店舗にお問い合わせください
草莓榴莲向日葵18岁注意免费-草莓榴莲向日葵免费资源在线观看
宁津县| 达州市| 峨眉山市| 金阳县| 南投县| 太仆寺旗| 信阳市| 贡觉县| 新绛县| 凤台县| 通海县| 瑞丽市| 绵竹市| 越西县| 北流市| 壤塘县| 黄石市| 尉氏县| 平阴县| 绥中县| 张家口市| 孝义市| 武定县| 朝阳县|