[月刊旅色]2021年11月號
COVER
モデル / 米倉涼子
撮影 / 中村和孝
スタイリング / 野村昌司
ヘアメイク / 奧原清一

淺田政志の宿旅

旅の目的は、あの宿に泊まること―。心安らかな宿泊體験を切り取る寫真連載。第30回は、世界文化遺産であり、暮らしの場でもある、五箇山の合掌造りの宿。ここは泊まれる世界遺産です。
寫真家 淺田政志の宿旅
SCROLL
あの時のまんま

Vol.30「 勇助」富山県南礪市

相倉(あいのくら)合掌造り集落は、いまも人が暮らしている珍しい世界遺産です。目指す宿の「勇助」は集落入口のほど近く。そもそも相倉集落が世界遺産に認定されたのは、建物はもちろん伝統的な暮らしや文化が色濃く殘っていたため。暮らしを體感せずに、世界遺産を訪れたとは言えません。
ほんもの
合掌造りは豪雪に耐えうる堅牢なつくり、また當時大切な産業だった蠶を飼うための天井裏があるなど、生活と仕事の場でした。この建物は隣村に明治元年に建てられ、明治中頃に移築されたそう。民宿を始めたのは1964年。半世紀が最近に感じられます。
暮らしの真ん中
ご主人いわく「合掌造りは囲爐裏がないとなにも始まらない」。炊事、食卓、団らん、接客の場であり、冬は暖もとります。また木と茅(かや)で作られた合掌造りは囲爐裏の煙に燻されて強くなり、蟲よけにもなるそう。1臺20役どころの騒ぎじゃありません。
うぇるかむすいーつ
宿に到著したら、囲爐裏の前で抹茶とお菓子のおもてなし。まずはひと息……と思いきや、秋篠宮殿下とご主人のお寫真があったり、合掌造りの模型があったり、興味を引くものばかり。ここでエネルギーを補給したら、建物?集落探訪へと出発です。
よく學びよく遊べ
2階と3階は、合掌造りを伝える展示館。2階には東京や富山市內でカメラマンをしていたご主人撮影の五箇山の四季や暮らしを伝える寫真や、養蠶(ようさん)を再現した展示があります。蠶はご主人と娘さんの手作りでなんともかわいいお顔です。
人が暮らす、世界遺産
3階は合掌造りたる所以の天井裏が見られます。そしてご主人が近隣の集落で暮らす人々を撮影したポートレートも。暮らしを営み、現代へと歴史をつないでいる諸先輩方の笑顔は神々しく、そしてそれを捉えたご主人の腕にうなります。
うんまい
集落のなかには食事処やお土産屋さんもあります。「勇助」の並びにある「まつや」さんでは名物の五箇山豆腐(480円)が食べられます。木綿豆腐をさらに固くしたようなお豆腐はほの甘く、歩き疲れた體にスポーツドリンク以上に染み渡ります。
世界遺産の寢心地
「勇助」は1日1組の宿。気兼ねすることなく、ご主人たちとの楽しいおしゃべりを楽しみ、歴史に思いを馳せることができます。そして夜になればふかふかのお布団へ。「世界遺産で眠る」という貴重な體験をぜひ。
この景色が100年後もありますように
相倉集落の入口の駐車場脇を進むと、合掌造り集落を見渡せる場所へ続く小道があります。この風景、寫真と実際に見るとでは大違いなのが不思議です。時が止まったような非現実感と人々の暮らしが垣間見られる現実感。100年後といわず、近日中にご自身の目で見てください。

民宿「勇助」

先代が始めた民宿は、実際の暮らしを體験できることや、地元の食材を使った料理が國內外の方から人気です。穏やかな時間が流れる集落を散歩し、展示館を見學したり、囲爐裏端でおしゃべりすれば、すっかり集落の時間に體が合い始めます。お話上手なご主人、臺所を取り仕切りつつ控えめな奧様、コンシェルジュのような細やかな心配りのお嬢さんは程よい距離感であたたかく迎えてくれるのが心憎いです。

住所 / 富山県南礪市相倉591
電話 / 0763-66-2555
料金 / 13,000円~(2名利用時1名あたり、1泊2食付き)

淺田政志
Masashi Asada淺田政志
1979年三重県生まれ。2007年に寫真家として獨立。2008年、寫真集『淺田家』(赤々舎刊)で第34回木村伊兵衛寫真賞を受賞。2020年、『淺田家!』として映畫化された。著書に『NEW LIFE』(赤々舎刊)、『家族新聞』(幻冬舎刊)、『家族寫真は「」である』(亜紀書房)など。最新作は『淺田撮影局 まんねん』(青幻舎)。また、國內外で個展やグループ展を精力的に開催している。
http://www.asadamasashi.com/
草莓榴莲向日葵18岁注意免费-草莓榴莲向日葵免费资源在线观看
京山县| 阜宁县| 沙洋县| 资溪县| 阿城市| 泽库县| 南京市| 贵德县| 石首市| 富宁县| 博客| 昌平区| 遂溪县| 昌宁县| 满洲里市| 达孜县| 阿拉善右旗| 电白县| 灵川县| 新宾| 来安县| 剑川县| 新晃| 武定县|